こんにちは、シキロウです。今回は月の彼方で逢いましょうの雨音ルートの感想を書いていきます。
今回はネタバレしまくってるので、未プレイの方はクリアしてから見るようにして下さい。
×を作る立ち絵可愛い(*'▽')
D_CQApPUIAAne3j[1]

簡単なキャラ紹介
厨二病を患ったハーフの同級生でありゲーマー。両親はすでに他界しており、現在は一人暮らし。
ビブリオカフェでのバイトも最初はドローンで済ませようとするレベルの引きこもり。
ECs5aJVVUAAKwiK

スクール編
割と印象に残ったのは、本編でSD原画を出て来たことです。tone作品でSD原画が本編で出てくるのが意外です普通の恋愛を徹底してるせいかデフォルメが出て来ないんですよね。せいぜい選択肢で出てくる位ですし。
ECukRMbUwAEegzu


料理をしない雨音が奏汰の母親の手料理を通じて料理をするようになり、掃除・洗濯もするようになります。引きこもりだった雨音が海デートのために聖衣良と水着を買うイベントもすこれます。つきかなでは珍しいヒロイン同士の会話なのも良き。
この辺は星織ユメミライの律佳が夏希と水着買うイベントを連想します。水着買うイベントは、他のヒロインとの交流を深め、攻略ヒロインの主人公への想いを味わえるので一石二鳥です。

その後の帰り道もエモれました。この時点で両想いです。というか白のヘルメットだったのか…灯華やうぐいす先輩、栞菜を乗せたときもそのヘルメットだったのかな(´?д?`)
EBI_A3SVUAA3-5U[1]


恋を自覚して花火を見るイベントも良かったです。奏汰のために慌てて浴衣を用意する雨音ちゃんいいね!
人との繋がり、恋を通じて成長する雨音ちゃんが可愛かったです。スクール編のラストのキスCGも後ろに満月があって幻想的で良かったです。銀はるのノウハウが活かされてると感じました。

アフター編
アフター編ではスクール編での問題は大体解決したようなものなので、割と安心してイチャイチャできます。下の画像の通りね。プロポーズをしてから結婚する迄の話で、雨音は母親の作ったAIを父親の端末に入れることと母親になる心構えを持つこと、奏汰は雨音の両親の真意を探っていきます。
EDTLGxsUUAEx1lL


エンデュミオンの秘密や製作者の思いも知ることができ、公式が最後に攻略することを推奨している意味が理解できました。奏汰は雨音のために、ポール・グレイの本を出版します。スーパームーンの日、奏汰と雨音はアイナの思いとベーグル大佐・何故スクール編の復讐が読まれていたことが分かりました。

パスワードのkanataもなかなかくるものがありますね。だから主人公の名前が変更できなかったのかと納得しました。親の愛を知った後で自分たちが親になるというS〇Xをし始めるのも乙なものでした。個人的にはママになる予行演習として授乳手コキするのが一番45れたけどねっ!

やっぱウエディングCGを出すの良さみが深い。EDムービーの演出も雨音と関わった人にポストカードを贈るもので、銀はる並みに力入っており、印象的です。



まとめ
雨音ルートは過去改変することに否定的で王道の内容となっていました。
奏汰と出会うことを通じて通じて人として成長し、他の人との繋がりを得て幸せを得る。後悔を糧に幸せを掴んでおり、未練を晴らすために幸せを得る灯華ルート、うぐいすルートとは異なるテイストで、toneworksらしさが一番出ていました。
あと、一番夏休みを有意義?に過ごしているルートでした。くっすーファンなら必見の内容だったと感じます。
rein7


ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた。



追記
つきかなSSRを製作に関する記事を見つけました。
ロープライス作品の中では破格の登場人物の数とボリュームになりそうです。
他にも中々面白いことが書いてありましたので是非ご一読ください。