こんにちは、シキロウです。今回はウルトラファイナルにて使用した構築を紹介します。
簡単にルールを言っておくと、すべてのポケモンが使用可能(過去産使用可能)、ポケモンと持ち物が重複可能となっているインターネット大会です。要は手持ち全員アルセウスにしても良し、地割れミュウにしても良しの何でもアリです。
このインターネット大会の最終レートは1709となりました。

6l9uR70x1k

イベルタル@弱点保険
性格:臆病
努力値:BDS調整

不意打ち/悪の波動/バークアウト/デスウイング

今回最初に使うことにしたポケモン。6世代のGSではお世話になったが、7世代では物理型しか使ってなかったので久しぶりに使ってみることにしました。特殊型なら基本的な技構成です。苦手な妖アルセウスとゼルネアスは他のポケモンで対応するスタイルなのであまり気になりません。

テテフのムンフォ、ゲンシカイオーガの雷、アルセウスの不一致冷凍ビームを耐えて保険発動の流れが強すぎました。保険が発動すれば3タテも可能で爽快感がありました。
ゼルネアスやルナアーラにバークアウトすることで後続のポケモンへの負担が減らせるのも役立ちました。D-1メガレックウザを悪の波動で倒せない等微妙に火力が足りない場面も少なくないですが、予想通り現環境に刺さってました。


日食ネクロズマ@ウルトラネクロZ
性格:臆病
努力値:HSぶっぱ

瞑想/大地の力/朝の陽ざし/フォトンゲイザー

ボックスに眠っていた特殊型を使うことにしました。物理型は読まれやすく、イカサマやシャドースチールのことを考えると剣の舞を採用しにくいと判断しました。早急にグラードンを対処できるようにサブウエポンは大地の力にしました。HSにした関係で火力が足りないため、瞑想も入れてます。

イベルタルには何もできません。イベルタルに何かできた方がいいかもしれないと思う場面も割とありましたが、代えるとしたら朝の陽ざしでしょう。とはいえ、朝の陽ざしも長期戦のときには役に立ちましたので安易に変えられるものでもない感じです。
エモンガ倒すのに20ターン近くかかったときも朝の陽ざしが役に立ったんですよ()


グラードン@紅色の珠
性格:意地っ張り
努力値:ASぶっぱ

ドラゴンクロー/炎のパンチ/岩石封じ/断崖の剣

特に変哲もない物理型で、ミラーを意識してSを準速にしました。物理型にするならこれがベストかと。期待通り活躍しました。C+2ゼルネアスの気合玉で落ちるので特殊耐久に振った方が使いやすいです。後、岩石封じ外しが割とあって悲しかった。


カプ・コケコ@電気Z
性格:臆病
努力値:BCDS調整

光の壁/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/10万ボルト

イベルタルが重すぎたので採用。役割をきちんと決めて運用すれば禁止伝説・幻相手でも活躍します。光の壁は全然使用しなかったので自然の怒りか挑発の方が使いやすかった場面がありました。ドーブルやルナアーラを始めとした催眠戦法を防げたのもGoodです。

レックウザ@とつげきチョッキ
性格:陽気
努力値:ASぶっぱ

神速/凍える風/アイアンヘッド/ガリョウテンセイ

タスキを持たせるのに飽きたという理由でとつげきチョッキを持たせることに。妖アルセウスに勝てるかも、という期待を込めてこの技構成にしましたが、無理でした()


レックウザ@こだわりスカーフ
性格:無邪気
努力値:ASぶっぱ

逆鱗/流星群/大文字/ガリョウテンセイ

スカーフで不意を突いてくる輩がいるだろうと思い、スカーフ型にしてみました。本当は性格補正をやんちゃか寂しがりにしたかったが、持っていないため断念。
スカーフゼクロムを粉砕できて私は満足。ただ、相手のレックウザがタスキで逆鱗を耐えたのは許し難い。


全体的な使用感
19-4で1709まで達成しました。v( ̄∇ ̄)v
妖アルセウスが多すぎてレックウザが腐ってる場面がかなり多かったです。一般ポケモンで固められた構築に対してもイベルタルとグラードンで対処できるため、レックウザは殆ど選出しませんでした。もしかして、シングルだとレックウザいらない子?


一般ポケモン相手でも禁止伝説・幻相手でもイベルタルで勝てるのが偉いです。弱点保険を発動した状態のイベルタルで無双できて楽しかったです。もうちょいイベルタルを通すために妖アルセウスとゼルネアスに厚い構築にすれば良かった、と反省しています。
アルセウスを漏れにくれ…( ・Д・)妖アルセウスがいたらもっと頑張れたんじゃ…
EHyOVc4UEAE6qcW

7世代お疲れ様でした。8世代でも禁止伝説・幻のポケモン使用可能なルールがあることを期待しています。
それではまた。