こんにちは、シキロウです。今回はさくら、もゆ。のハル√とクロ√の感想を書いていきます。
ネタバレしていますのでご注意下さい。
EM948iUU4AETftf


ハルルート
簡単なキャラ紹介
再び魔法少女になりたいと願う女の子
普段は引っ張っていく所があるけれども、実は臆病な所があって可愛い
EH_colIUUAAHh-7


主人公にだけ弱みを見せ相談してくるのも独占欲が満たされる(*'ω'*)
ツインテ姿も可愛い。

智仁とあず咲先輩
やっぱりと言いますか、智仁とあず咲先輩も不老不死の家系で智仁は芸術の才能が無かったようです。
あず咲先輩は、満月の夜に眠ると未来へと跳躍する異能と夜の国を創り上げる程の創造力を持っているいました。

その一方で、智仁は特に才能がなく、家では冷遇されていました。
智仁は未来へ行ったあず咲先輩に思いを届けるために、歌を考えていました。
「音楽になりたい」と言っていたのも、未来に行ったあず咲先輩に会いたいということを意味していたんですね(´;ω;`)

あず咲先輩の願いにより、智仁には才能が宿って曲が作れるようになりました。タイトルは「さくら、もゆ。」
さくら、もゆ。のタイトル回収を行うのはそんな気がしてました。

本題とは少し外れますが、皆アイドル衣装が可愛かったです。
姫織のたくし上げもっと拝みたかった。
20191008071926

主人公の女装姿も可愛かったです。千和√でも千和が「主人公は可愛い」と言ってましたからね~。

今まで現れていたあず咲先輩は過去に置いていった心で、実体は未来にあることもそんな気がしてました。
それにしても、あず咲先輩の心も時間の経過とともに姿が変わるんだな・・・ロリのままでいるのかと思った。

ハルの秘密
主人公はハルの魔法を叶えたがためにハルが学園の桜の木で突然夜の国に連れ去られ、死んでしまいました。
突然過ぎて驚きました。千和や姫織はある程度前振りがあったものの、これは予想してなかったです。

ハルを助けるため、クロと主人公の2人で魔法を組み上げます。後悔した過去の地点に飛ばします。
ここでファンタジー要素というよりは、SFっぽいと感じました。平行世界ができます。

あさひさんのアドバイスもあって、ロリハルに弾丸を撃ちハルの過去を知ります。

ハルは未来からやってきた女の子であることが分かりました。
共通部分の選択肢、千和が過去からやってきたヒロイン、姫織が現代のヒロインだからそんな気はしてました。
EPtOe4WVUAEHaOk

ハルの母は父親(遠矢)に愛されなかったせいでハルに自演の監禁をしていました。ヤバい奴だ・・・。
監禁されて最終的には56されそうになるのですが、未来の主人公に連れ出されることで56されるのは免れます。

主人公の方は、夜に関する記憶が無くなってもクロのことを探していました。フード姿のクロもかわよ
D7e3r8CUIAABt19[1]

結局主人公は世界中の人に悪者として見られたまま、ハルを誘拐した犯人として学園で亡くなります。
ハルは主人公に起きた悲劇を回避するために、未来に主人公に悲劇を肩代わりするという願いを叶えた、というが真実でした。

ハルが主人公好き好き大好きオーラを出していたのはこの過去があったからなのか…と納得しました。
流石にこの過去は予想してなかったです。

千和ルートで主人公と千和を犬耳を提案し、くっつけさせようとしたのは、自分と主人公が一緒では幸せになれないからという判断からでしょう。
10年前の千和のお兄ちゃん呼びもハルの提案だったのか。この時点でハルは主人公のことが好きなので複雑な心境が伺えます。

主人公は後悔した過去の地点に飛ばす弾丸をハルに撃つことでハルに悲劇の回避を託します。

千和と姫織√でも夜に関する記憶を失う訳ですが、ハル√では突然訪れる分、一番寂寥感がありました。
あさひさんと十夜との別れが突然過ぎる…
ELgmPW8UYAEg8Vg


クロルート
簡単なキャラ紹介
「夜」の世界で生まれた猫
人見知りでたどたどしいながらも一生懸命に話す姿が可愛い(*´꒳`*)
ぴょこっと出た猫耳も良い
EH-TO4RUEAARCXe

夜の国の仕組み・出来た経緯
夜の国に関して今までのおさらいと新たな設定が出てきましたね。
・ロクデナシの家系の子供達が桜の木の下に埋められることによって夜の国は誕生した
・↑の子供達は呪いを現実世界に流出させており、人類を緩やかに滅ぼそうとしている。
・あず咲先輩によって夜の国は過去、現在、未来に存在し、時間の行き来が一応可能となった。
・ましろは自分以外の全人類を救うために夜の女王となる。

新しく出た設定はこの辺りですね。他にもあったと思うけど、忘れた()

あず咲先輩が主人公に「千和ちゃんを攫う」というフレーズを使ったのも、過去のことを知っていたからでしょう。

奏大雅とましろ
今までの√で度々出てきた女の子はましろという少女でした。漸くお出ましですね。
今までCGのみ出ていましたが、この辺りで謎が解けていきます。
EMRbasVVUAASk9G

ましろは人間の頃は、病弱で両親に地下室に監禁されていたという過去を持っています。
相変わらずどのキャラも重い過去持ってるな(汗)

ましろは暴走するあず咲を夜から排除して自らを鍵として夜の国をロックしました。

ましろは男の子の心を傷付けてしまったことを責めて消えます。
男の子は大人達に尋問を受けたうえ、夜の国の生き物達も大人達の手で消されてしまいます。

主人公とクロの過去
主人公は奏大雅に助けられましたが、奏大雅は死んでしまいました。
自分が奏大雅とましろに出会ってしまったことで2人に不幸が訪れたと思い、主人公はクロを連れて過去に行きます。

主人公の子供の頃も名前が無いし、重い過去だな(>_<)
しかも、クロは大人達の心を汚染する呪いを無意識に発する特性を持っていました。

そして、クロの特性は不幸を肩代わりする能力。
登場人物達にあった自己犠牲の精神が体現したかのような能力です。

クロはあず咲先輩の呪いを背負ったせいで、眠る度に未来に行ってしまいます。
クロは主人公と会うためにずっと眠らずに部屋で待っていたんですね。
しかもできることは主人公に電話をかけること位とかキツ過ぎる…

一方、主人公はいつも最低最悪な死に方を考えていましたが、その死に方をすることで奏大雅とましろを救う魔法を考えていた訳です。
今までの謎がスッキリしました。

ぶっちゃけ、時間軸と平行世界が一度に沢山出てきてパンクしました。
ハル√とクロ√は関係していて・・・ロリハルの正体は主人公を説得するために10年前からやってきて・・・ハルを56しにもやってきて?・・・
各ヒロインと幸せな未来を過ごした世界でも、主人公は魔法によって夜の王になって?…

考察サイトにはお世話になりました()

主人公とクロの未来
奏大雅とましろに助けられ、主人公はクロと共に幸せになる願いを叶えようとします。
主人公とクロは結ばれます。

本題とズレますが、クロの「お腹は性器」という発言で無限に共感しました。
正直えっちだよ、お腹は。
ハル√の時だけクロは皆の前に姿を現したのもお腹を隠してたから何だなと思った(無理矢理纏める。)
D7e3pq_UYAAIWKA[1]
しかし、主人公は夜の国を無くしクロのことも忘れます。
クロは9つの命を使い果たして夜の国へ行き、そこで主人公は今までの種明かしをします。
そして人生を孤独に過ごすという代償を支払って主人公とクロが共に歩む魔法を叶えます。

エピローグのCGでクロに…耳がある!?って感じなりました。
皆幸せになれて良かった…
20191008082717


まとめ・評価
クロルートは平行世界・一人称の把握・もったいぶった言い回しによって内容が難解となっていました。自力で理解するのはしんどいし、かなり労力が必要です。

それでもこの作品をやる価値はありました。いい作品だった…(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた。

ちなみに千和√と姫織√の感想↓