こんにちは、シキロウです。今回は「劇場版SHIROBAKO」の感想を書いていきます。
途中からネタバレしているのでご注意ください
ER6-v66UUAExx-f

ネタバレなし感想・評価
TVシリーズでは、オリジナルアニメや原作付きアニメの制作を掘り下げていました。
劇場版では予想通りオリジナルアニメ映画の制作を掘り下げていました。

主人公の宮森あおい(以下みゃーもり)は、1クール目では制作進行、2クール目では制作デスク、劇場版ではプロデューサーと立場が変化しています。
今回はプロデューサーの立場でアニメ制作として関わっていて見えているものがTVシリーズとはまた違ったものがあり面白かったです。

劇場版作画ということもあって動と静のメリハリが凄く、ぬるぬる動いてる絵が良かったです。
群像劇としての側面もしっかりしていてSHIROBAKO好きとしては見て損しない内容で、濃密な2時間でした。

最近見たアニメ映画の感想↓


以下、ネタバレ







みゃーもり、キャリアを積んでプロデューサーになったというよりは人手不足でプロデューサーになったんかーい、という感じで笑いました。
4年間も順風満帆には行かなかったのを制作状況だけで感じてしまいました。

殆ど転職してるじゃん…。絵麻や太郎も転職しているのは意外だった。
アニメの製作→トラブル発生→解決が王道の内容ですが、タイムヒポポタマスは解決できずにアニメの制作中止となってしまいました。
そのため、丸川社長の退任、遠藤さんのニート化、転職等多大な影響が発生して切ないです。

草を生やした建物、カーチェイスができない程の社用車の老朽化、何もないデスクとムサニの衰退を感じて悲しいです😢

変な話、第三飛行少女隊の元請けがムサニから別会社に変更&原作の改悪と原作者が気の毒です。

担当するアニメの制作が中止になったとしても、がむしゃらに頑張ることで得られるものもあると感じる内容でした。(´ー`*)ウンウン
強襲揚陸艦SIVAがどれだけ売れて、みゃーもりの努力が報われたのかは想像にお任せという感じの終わり方でした。

以下、気になったキャラ
宮森あおい
今回はプロデューサーとしてアニメ制作に関わっていました。
彼女の立場が変化するにつれてアニメ制作の実態が様々な角度で見られて興味深いです。

人を集めるときも随分と逞しさを感じました。(ヒロインに言っていい言葉なのかな…)
げ~ぺ~う~とかいう会社とのトラブルでも逞しさを感じます。
ER67FYLUEAA_MMc
幸せになってくれ…。

安原絵麻
第三飛行少女隊での経験を契機に、作画監督の仕事もやっていました。常に忙しそうな様子です。

アパートで一人暮らしではなく、久乃木さんとシェアハウスしている模様。
絵麻ちゃんと同居したい人生だった。

坂木しずか
4年経って仕事がある程度増え、後輩も出来た模様。
後輩ができる程度には、人望があると見て良いのかな。

アニメ教室の際にはみゃーもりのサポートしていて頼りになりました。
着ぐるみの中に入って仕事した経験が活きましたね。

声優として仕事をする際には、台詞が一々実感が篭もっていてズルいと感じました。

小笠原綸子
ジャージ姿がぐうかわだった。ポニテ姿いいね!
今回のアニメ制作では原画として働いてくれました。

遠藤 亮介
ゲーセンでニートしてました(オイ
下柳さんや瀬川さんの発破、奥さんの励ましにより復活しました。

奥さんが夫のことを「遠藤さん」と呼んでいることに違和感がありましたが、奥さんが可愛かったので許す。


劇場版も2部構成になっていたら、また違う描写があったのかもしれないと感じました。
続編希望したい(小並感)

ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた。