こんにちは、シキロウです。今回は、少年マガジンで連載されている吉河美希作カッコウの許嫁2巻の感想を書いておきます。
今回のメインは表紙になっている瀬川さんですね。

と思っていたら、2巻の最初は幸がエリカと凪の住まいに訪れる話です。お楽しみは後に回す構成か?
幸は凪には遠慮なくものを言うのにエリカの前では何も言えず不器用になるのが対比となっていて良いです。

読者は感情表現が不器用な女の子が好き。もっと幸の出番増えて欲しいです。

凪も瀬川と朝活したり御朱印帳の趣味を知ったりして瀬川さんと仲良くなっていきます。
瀬川さんも実はエリカのファンということで順調(?)に三角関係が構築されていきました。こういう流れテンプレだけどおもろい。

エリカが転校し、仲良くなった瀬川さんはエリカと凪の住む家に訪問します。(今回はヒロイン2人共訪問してるな…)

訪問する前に凪が調子に乗って全裸で過ごしているのが滅茶苦茶笑いました。全裸で料理は危険だと思うけどな…。凪は割とエリカと同居してから欲望に素直な行動しているように思えます。

瀬川さんの「私の運命変えて見せてよ」の台詞で吐血しました。どんな重い出来事が起ころとも背負いたくなってくる台詞です。絶妙な表情といい、凪にその表情を見せないやり方といい、正直瀬川さんはDTキラーの素質あると感じます。

エリカが写真投稿を続けている理由を告げそうというところで話が終わりました。結局最後はエリカが持っていきました。

5等分の花嫁が完結されてから連載された作品ですが、2巻になって徐々にラブコメの切れが出てきたような印象があります。1巻だけだとキャラのテンプレ感があって何とも言えない状態でしたが、瀬川さんが良い具合にかき回してくれてますね。

単行本派なので続きの3巻は9月17日まで待たなきゃいけないのが辛いところ。
それではまた。