こんにちは、シキロウです。今回は備忘録としてキン肉マン331話カピラリアのおたけび!!の巻の感想を書いていきます。
ネタバレしているのでご注意下さい。
kinn331

ジェロニモはプリズマンの心臓部であるカピラリアの欠片を埋め込まれました。何の説明も無しで普通にカピラリアの欠片がジェロニモの体内に入っていて笑います。

ジェロニモは今回の戦いでカギを握るアイテムを持つことになり、責任重大となりました。プレッシャーに押し潰されてそうになるジェロニモですが、超人の時になった日を思い出します。

ジェロニモがスーパーマンロードの神によって超人になったことを微妙に忘れてました。たはは…。

ジェロニモが奮起した理由がテリーマンに発破をかけられたからではなく、スーパーマンロードの言葉からということは今後スーパーマンロードの神が登場する可能性が高いです。味方とも敵とも取れる台詞なのでどう登場するのかが楽しみです。

・バイコーンがスーパーマンロードの神の存在を知らなかったこと
・スーパーマンロードの神がジェロニモに触れていること(神は地上に触れることができない)
この2点を踏まえると今回下天してきた調和の神一味の中にスーパーマンロードの神がいなさそうです。

調和の神一味にいないだけで、ジェロニモの試練として登場しそうではあります。
最終的にはジェロニモがカピラリアごと心臓を抜かれそうだな…既に不穏なオーラが出てる…。

プリズマンVSバイコーンが一段落し、サタンクロスVS超神の戦いに移ります。
そこでは、「バハーーッ!」という超神の口癖でサタンクロスが投げられていました。9999万パワーあればサタンクロスも余裕で投げられるようです。

サタンクロスには「パワーだけは十分だが」と言われてて笑います。今度はパワーだけでなくテクニックも魅せて欲しい所です。
超神の名前は来週に持ち越しとなりました。

重要な話に関しては感想を書いていく予定です。
それではまた。