こんにちは、シキロウです。今回はさくらの雲スカアレットの恋(通称さくレット)の感想を書いていきます。
途中からネタバレしているのでご注意下さい。
saclet2021011111-min

【作品概要】
2020年に生きる青年・風見司は、桜の木の下から100年前へタイムスリップを遂げてしまった。
タイムスリップした先は、帝都・東京。

そこは新時代への希望に満ち、文化の華が咲き乱れた、輝かしき浪漫の都。
桜の木の下で出会ったのは、帝都でひとり探偵事務所を営む謎の英国女性・所長。

日々金欠にあえぐ彼女のもとで、司は数々の事件に巻き込まれていく。枝分かれする彼の運命がたどり着くのは、果たして令和か大正か。

メーカー:きゃべつそふと
ライター:冬茜トム
原画:梱枝りこ、よねぞう(サブ)、しらたま(SD原画)

【全体の印象】
大正時代の世界観・知識・恋愛を扱った独特の世界観でした。
攻略ヒロインだけでなく、サブキャラもキャラが濃くて面白かったです。

推理モノとしてかなり良く出来ていると感じました。さり気ない伏線も多く、後で見ると非常に面白いです。自分なりに推理しながら進めていましたが、割と予想は外れました()。自分の推理力はお察しです。

遠子→蓮→メリッサ→所長の順で攻略しました。この攻略順で固定となっています。

システム面は少々不便で、一通りクリアした後にヒロインを最初から攻略したい場合には、
1予め攻略したいヒロインの冒頭部分をセーブしておく
2攻略したいヒロインの前のヒロインを終わらせる
という準備が必要になります。

【キャラ紹介】
所長(CV:猫田みけ)
saclet2021011007-min
探偵事務所の所長さんで、主人公と最初に出会った人
懐が深く、知的で優しいお姉さんなのが良い。

お金にがめつく、コミカルな部分があって時々笑ってしまいました。目が¥になるのヒロインらしからぬ見た目でおもろいです。
事件の真相が一気に判明しているのと終わり方が良かったです。

メリッサ(CV:花宮すい)
saclet2021010306-min
大正時代の名家不知出家で働くメイドさん
模範的なメイドキャラで慎ましさとウィットを感じる台詞回しが面白い。貞淑な価値観を持っているのも良い。

この√で起きた事件の真相や伏線の回収が見事過ぎました。

水神蓮(CV:如月たま)
saclet2021010206-min
大正時代に出会った普通の女の子
時代に見合った貞淑な価値観を持ちつつも、むっつりもしていてかわよい。表情豊かで見ていて飽きませんでした。

謎を解決しつつ新たな謎を残していく展開で好みでした。もっと弄ばれたかったな。

不知出遠子(CV:相模恋)
saclet2021010103-min
大正時代の由緒正しきお嬢様
好奇心旺盛でお転婆な女の子で可愛い。お茶目な所がチャームポイントとして良く表れています。

お嬢様故服装のバリエーションが豊富でどれも似合っていて良きです。共通√で一番気になったので、個別√で謎が解けるのは楽しかったです。



【以下ネタバレ】
共通√
序章 桜花風月
ハットを万引きしようとした似非婦人のトリックを見破る章です。
短い話ですが、所長の推理力がイマイチであることや司が未来の知識を用いて解決するといった話の基本が描かれていました。
現場の刑事は金持ちに弱いという当時の状況を把握する上で分かりやすいプロローグだと感じました。

1章 邂逅!未来の使者
2020年にいた司がアララギによって1920年にタイムスリップしてしまう章です。
時系列的には序章よりも前の話ですね。

スマホの力によって所長に依頼されていた猫探しを達成します。スマホの力ってスゲー!
そんなアプリあるんですかね。スマホ使いこなせてないから知らない。

閑古鳥のチェリィ探偵事務所ですが、遠子からまりもの入手という依頼が入ります。まりもは蓮の知り合いである間霧景虎氏が知っていることで訪ねることに。

間霧氏は自分の創作意欲に刺激を与えてくれるものを見せてくれたら譲ってくれるとのこと。

創作意欲を刺激するものを入手するために万斎の汚い部屋に赴きます。キノコ生えてるのはヤバすぎる…。

そこで実用性/zeroの絡繰りと宮沢賢治の詩を確保し、真霧氏を交換する形でまりもを受け取りました。

ナリゴンの邪魔が入りますが、所長が金的攻撃でナリゴンのまりもを奪還します。
ナリゴンが悪いとは言え、所長容赦無さすぎて草生えます。

2章 出没!時奪いの大怪盗
上野博物館の監守からの依頼でヘイストに奪われた渾天儀の回収依頼を受けることになりました。

怪盗ヘイストの置手紙を元に渾天儀を探そうとします。その間に駅に保管してあった午砲もヘイストに奪われます。

駅にもヘイストの置手紙があったため手紙を元に午砲も探します。渾天儀は凌雲閣に、午砲は万斎の家に置かれていました。

それにしても、ヘイストはどうやって万斎の家なら隠せると思ったんですかね…。ヘイストは万斎の知人である可能性があります。

結局ヘイストにアンティキティラの歯車を奪われるという事態になりました。
依頼自体は達成しましたが、完全な解決をした訳ではないため今後もヘイストの登場する予感がありました。

3章 恐怖!隠し財宝と臆病メリッサ
今まで出番の少なかったメリッサがメインの章です。
探偵事務所が閑古鳥となっている間に、司は怒りのヴェルサイユ会を柳楽刑事と共にしょっ引きます。
すっかり大正時代の人間になりつつあります。

そして遠子からお化けの正体を明かして欲しいという依頼を受けます。
お化けに怯えているメリッサが可愛かったです。メイドはポンコツな方が可愛い。メリッサに添い寝してもらいたかった。

加藤は未来人で、スタンガンも使えました。1950年頃に生きていた軍人かな?と思ってました。実際には割と違っていましたが…。

遠子パパも所長も財宝が眠っていると思い込んでいましたが、実際にはそんなことありませんでした(笑)。

4章 崩壊!帝都の桜は業火に燃ゆ
共通ルート最後の章です。サブタイトルも不穏です。

加藤は未来人なだけでなく、異能も使えるんですかね。そうじゃなきゃ火災が起きているときに変な呪文唱えませんよね(笑)。
しかも雪葉も加藤の手下ですし、厄介な相手です。

一方で遠子は知不出家の地下でヘイストを銃殺しました。ヘイストが遠子と関わりのある人物で、司は既に会ったことのある人物…分からん。

遠子√
5章 戦慄!白銀の指輪と白いヴァイオリン
中森氏の呪いのヴァイオリンを預かる以来と遠子の失くした指輪を探す依頼を受けることになりました。

預かっていたヴァイオリンはヘイストに盗まれてしまいます。
その間に遠子は指輪を失くしてしまい、依頼を引き受けます。明らかに遠子は司の気を引くために依頼をしていましたが、温かく見守りました。

そしてヘイストの正体はリーメイでした。そのおっぱいで怪盗は無理でしょ…。分からんわ!
saclet2021010908-min

盗まれたヴァイオリンに関しては裏鬼灯オド丸氏が呪いを祓うために時間がかかったことにしていて笑いました。
所長の口から出まかせにも程がある。

6章 密命!真贋見極むネフェルティティの左眼
遠子とデートしてパコパコしたり支倉=加藤と判明する√です。
幸せになれるかと言えば微妙な所ですが、ヘイストについては丸く収まりました。

蓮√
7章 てんていこまい?はぐれ狼とバームクーヘンと南極磁石の一週間
チェリィ探偵事務所は3つの依頼を受けることになります。
・モノポールの発見(ナリゴン依頼)
・バームクーヘンを作る
・神田の人喰い犬(狼)

比較的簡単そうなバームクーヘンの依頼を解決しようとしますが、上手くいかず。万斎がバームクーヘンの専用オーブンを造れると知り、万斎の依頼を先に解決することに。

ランドルフを野生に帰す話はハートフルな感じ?でした。万斎はランドルフの採ってきたお菓子等で食い繋いでいて正直シュールさの方が上回ります。

ランドルフは寿命で息絶えますが、絶滅したとされた貴重なニホンオオカミということで博物館で剝製して貰えることになりました。丁度良い具合のオチがついたと感じます。万斎のキャラからこんなことになるとは思わなかった(笑)。

ランドルフの話、サブタイトルから察するに1週間の出来事何ですよね。密度の濃い期間だった。

8章 吟詠 あさきゆめみし戀の唄
蓮ちゃんの恋愛がメインの章です。
ランドルフの件が解決したため、万斎からバームクーヘンの専用オーブンを造って貰えることに。

過去に借金のカタで広島の鉱山に売られ、逃げ出したときにバームクーヘンと専用オーブンを見たそうです(笑)。過去にオーブンを見た造れる万斎凄い。

バームクーヘンを調理できた後は真霧氏と協力した蓮に食べさせて依頼達成です。やけに司が拘りを持ってバームクーヘンを作っていたのは謎だった。

蓮の手紙で思いを伝えるのはエモさがあります。
saclet2021011001-min

こういう形で自分の思いを伝えるの強すぎる。
saclet2021011002-min


9章 夢の動力?大正永久機関奇譚
蓮とイチャイチャしつつナリゴンの依頼を解決する章です。

ナリゴンは金のためにモノポールを探していました。ナリゴンは1920年4月まで加藤に100万円上納しなければならない状況だったようです。
共通√の時は加藤に斬り捨てられた事情にはそういう背景があったようです。

蓮はえっちの後は小悪魔キャラに覚醒し、司は射精管理されるようになりました。
蓮は「本」を参考にして弄ぶようなプレイをしていた模様。大正時代のSM本怖すぎる:;(∩´﹏`∩);:

メリッサ√
10章 急行!オーバー・ザ・ミステリートレイン
タダで豪華列車に乗れる上に謎解きで更なる賞金が貰える旅に巻き込まれる章です。

列車の旅を持ち込んだ目的は、未来を読める・透視の異能を持つカヤノを探すことでした。
カヤノの正体はついギャラリー欄を見たときにメリッサだと察してしまいました…たはは。

カヤノには右肩に三日月のアザがあるとのことですが、メリッサの江戸CGにもキチンと右肩に三日月のアザがあります。
飛ばさずにキチンと見ている人はこの時点でカヤノの正体が誰か気付いていたことでしょう。

私は飛ばしていませんでしたが、おっぱいに目を奪われて肩に目が行きませんでした(オイ

正直今まで味方でいてくれた柳楽刑事が犯人だとは思わなかった。
万年筆で人は殺せないと言い訳していましたが、グリザイアの軍人はボールペンで人殺せますし言い訳になってないでしょって思った。(あの世界だと軍人強すぎだし参考にならないか?)

そしてラストに衝撃の事実
saclet2021011109-min
実はメリッサは本当に異能を持っていました。

OP前でアララギが「異能を持っている者は一人だけ」って言ってたから加藤が異能を持っているを推理するやん…。
普通に騙されました。

加藤の野望を阻止するために所長の枝へと行きます。

所長√
11章 満開!帝都の桜は豪華に萌ゆ
所長√です。4章と対比になっている感じのサブタイトルです。
今までの振り返りのような感じでした。

外伝 桜花転輪
アララギ視点だと登場人物全員に紫のオーラがかかっています。
この時点でアララギは人間でないと察せます。

遠子や蓮の枝では関東大震災の発生が1923年より早くなってしまったため、メリッサ√では直接司以外の人たちにも姿を見せたことが分かりました。

12章 開眼!未来を視る才女
外伝が入りましたが、漸く所長√です。

アララギからは探偵事務所にやって来る依頼=歪みのため解決するよう指示を受けます。
私は漸くアララギのパンツを確認できて喜びました(オイ
saclet2021011601-min


アララギの見ていたオーラの正体は歪みのオーラでした。メリッサも他人の歪みオーラを見られますが、自分のは見られません。気になる方はアララギ視点の外伝を見ましょう。

探偵事務所に舞い込んでくる依頼を解決することでオーラが小さくなるため精力的に依頼を解決していきます。一度に複数の依頼が来るため司と所長は二手に別れて行動することも増えました。

その際に所長の本名も判明します。本名はレベッカ・クルーガー。
イギリスの貴族の娘ということもあって本名を隠していたようです。
善意の第三者という民法の用語を使用していましたし、知識が相当高い理由も育ちが良いからということでしょう。

共通√で万斎が儲けていたのは彩紋機だったようです。図面見ただけで作れるのは素直に凄い。
一方で司は隠れて柳楽刑事と協力して犯人を逮捕&歪みを強化していました。

そのことに気づいた所長は2020年は良い未来ではないことを推理し…次の章へ
saclet2021010905-min


13章 桜の雲 スカアレットの恋
漸くタイトルを回収します。物語の終盤って感じで良いですね。
司のいた2020年の真相が判明する章

司のいた2020年では戦争が起きているのは衝撃でした。
桜の木の下で梶井基次郎の『檸檬』を読んでいた男の子が実が戦災で家族と左腕を失くしているとか信じられん。

それにしても所長は司がどうして一等兵であることもまで見抜いたかは分かりませんでした。う~む。

浅草に隠していた加藤の地下アジトに忍び込んでピンチになります。
余裕が満々で加藤は自分の目的やタイムマシンを語りだします。アララギの正体はタイムマシンそのものでした。タイムマシンも擬人化するんだ…と思った。

加藤の目的が達成されるのかと思いきや…次の章へ

最終章 決戦!雲をも凌ぐ翼となりて
saclet2021011106-min
加藤の正体と決着の章です。所長のカッコよさが滲み出ています。

加藤がタイムマシンを語り始めた時点から加藤の正体や顛末は大体察していましたが温かく見守って進めてました。

加藤が万斎の子孫に当たる伏倉弁慶でした。弁慶が万斎を拉致ったことで、万斎は後の奥さんに当たる小夜子さんと破談してしまい、そのことを知ります。
そして万斎と小夜子さんの子孫に当たる加藤は存在できなくなり、消滅しました。

先代の書いた暗号は南無阿弥陀仏の並びから導き出される点字で名前を表していたそうです。
司点字読めるのかよって思いました。点字とかエレベーターやレジロックレジスチルレジアイス捕獲の時しか私はまともに見てないから分かりません。

加藤が居なくなった後の混乱を抑えるため、加藤の筆跡とハンコはそれぞれ間霧氏と蓮が偽造しました。蓮はデスノートのジェバンニみたいなことしてんな。

万斎が破断したことで歪みが出来たような気がしますが、加藤が消えたことによる歪みの方が大きいのか司が2020年に戻ることができるようになります。

未来へ戻る時のCGも出会った時を対比させている感じがあります。対比に弱い人間なので私にはよく刺さります。
saclet2021011105-min


結句 令月風和
2020年に戻ってきた章です。司は2020年の桜雲ではなく令和に戻ってきました。そこでマリィ・クルーガーから所長の手紙を受け取ります。この子は所長と司の子孫で間違いなさそうです。

この世界の2020年も接触感染がある模様。さくレットのシナリオは今年の2~5月辺りに書いてそうです。

因みに手紙を書いた日は2002年の4月20日でした。少なくとも所長はその時期まで生きていたことになります。流石に2020年まで生きることはできませんでした。
saclet2021011107-min


エンディングロールのちよちゃんで不覚にも笑ってしまった。「就労の道へ」は草。
saclet2021011110-min


【評価・まとめ】
CG・演出・シナリオ全てが高水準の作品だった。2020年の作品の中でも特に面白いと感じました。王道とミスリードが入り混じった感じがあって味わい深いです。

キャラも可愛い上にシナリオも上手く構成されていると感じます。
遠子√やってるときは「遠子可愛いな…テンプレお嬢様良い」
蓮√やってるときは「蓮可愛いな…癒される」
メリッサ√やってるときは「メリッサ可愛いな…メイドが欲しい」
所長√やってるときは「所長可愛いな…尊い」
って感じで気が移ろいでしまいました。

Hシーンに関しては放置プレイされたり管理される内容もあり、ドMなら喜びそうです。私はそうでもないです。

シナリオ好きな方には勧めたいですね。
それではまた。

オマケ
時系列
1910年 伏倉弁慶タイムスリップする
1912年 弁慶、成田権造と接触(この時点ではまだ弁慶は憲兵でない)
1913年 弁慶、別府一帯を買い上げる(この時点で弁慶は憲兵)
1914年 雪葉、上京する
1915年 リーメイ、ハセクラと接触
    浅見蘭花(不知出家)からネフェルティティの像を持ち出す
1916年 浅見蘭花死亡
1919年 所長、先代の事務所を引き継ぐ
    雪葉、鉄道員になる
    万斎、広島の鉱山へ連れられる
1920年
4月
司がタイムスリップする
11月
関東大震災発生(蓮√)
1921年4月 関東大震災発生(遠子√)
1932年 万斎がタイムマシンの基礎理論に関する論文を発表するも相手にされず
2019年 元号が平永から桜雲になる
2020年 第三次世界大戦勃発
2086年 万斎の子孫、万斎の論文を解読
2108年 タイムマシン「アララギ」を開発
2110年 伏倉弁慶、タイムマシンを使用する
詳細時期不明 メリッサ、不知出家のメイドになる
       柳楽、水内村に行く