こんにちは、シキロウです。今回は絆きらめく恋いろは(通称めくいろ)感想を書いていきます。
途中からネタバレしているのでご注意下さい。
aspal_0128pl
【作品概要】
近未来での刀を用いたスポーツが盛んな世界観で、刀鍛冶の主人公が目標を見つける物語。

主人公の三条刀輝(さんじょうとうき)は、ある日鉄鏡を使ってデバイスを作っていたら綾瀬という三条家の守り神を発現させてしまう。
綾瀬の発現を切っ掛けに様々なヒロインと出会っていく、というのが本筋です。

学園のイベントである演武祭によって女の子と特別な仲になっていきます。

メーカー:CRYSTALiA
ライター:砥石大樹、にっし~、ギハラ、瑞守ねおん(サブ)
原画:ぺろ(椿)(原画、SD原画)、うすめ四郎(しおん)、にろ、萌木雄太、サイキライダー(サブ)

【全体の印象】
良くも悪くもライトな作風で、刃道という架空スポーツモノとしての部分は良かったです。
ルールも割とシンプルなので簡単に覚えることができました。

戦闘衣装も中々凝っていて華やかです。腋も見えますし目の保養になります。ニーソなのもポイント高い。

主人公が刀鍛冶をするという役割上、ヒロインの持つ刀《オリガミ》も変更することがあります。
武器の変更も立ち絵やCGで表現されているので見ていて面白いです。

TIPSがあるので刀に関する用語は割と理解できました(覚えているかは…)。用語ではない部分でも解説が表示されていて少し笑いました。未開の地グンマー!
D1IbzP_VYAESYJV[1]

話の流れ自体は王道だし試合の勝敗に関しても意外性はありませんが、立ち絵も可愛いさとキャラが良さの前では些末なことです(オイ)

バックログからのジャンプ機能が使えないのと偶にエラーでゲームが突然終了する部分が不便でした。アイキャッチの省略も出来れば可能にして欲しかったです。
エンディングムービーがどのルートでも桜夜のCG集になっているのは何とかならなかったんですかね…。

しおん→椿→フリージア→桜夜の順に攻略しました。デフォルトだと桜夜が最後になっていますが、ルートロックは外すことが可能です。

【キャラ紹介】
上和泉桜夜(CV:蓬かすみ)
mekuiro2021020204-min
実家が道場の編入生。

友人達を優先する由緒ある大和撫子って感じで良い。
凛々しい目つきと鋭い剣筋でカッコよさもありました。
一方で機械に弱くて困っている姿が凛々しさとのギャップでかわよい。

華やかな戦闘衣装も体付きと相まってけしからん。黒髪ロング巨乳は良い。

朱雀院椿(CV:卯衣)
ENbrnS6UYAAh8yS
過去の大会2連覇の年上幼馴染で刀の製作から戦闘まで行えるパーフェクト超人。
お姉ちゃん然とした態度が可愛い一方で、二刀流で戦う姿が勇ましい。
CV卯衣の声も良い。

挫折を味わいつつも乗り越える王道の話で面白かったです。
お姉ちゃんに甘やかされたい人生だった。

藍原しおん(CV:藤崎紗矢香)
mekuiro2021012603-min
落ちこぼれの1年生剣士
あざとさを感じる見た目で表情が多く、恥ずかしがり屋さんで可愛い
可愛い見た目に反してパワーファイターなのがギャップ萌えで良き

パワーファイターはメンタルが弱いことが往々にしてありますが、しおんもメンタルがやや弱いです。

試合の度に武器が変化していって見ていて面白かったです
後胸がすんごく大きい

フリージア・ゴッドスピード(CV:ヒマリ)
mekuiro2021013004-min
アメリカで銃を作る会社のお嬢様で刀が好きな留学生

AIに詳しく、好奇心旺盛かつ表情豊かで見ていて楽しい。
同じ一年生のしおんとも仲が良くて微笑ましい。

シナリオは主人公と役割が被っていて不安でしたが、思いの外面白みがありました。
名前に「ゴッド」が入っているのはジェレミア・ゴッドバルド以来です。

シアの護衛として朱雀院家の三女、都子さんが付いていました。雇っている都子さんの睨みが怖かった:;(∩´﹏`∩);:
mekuiro2021013005-min


【以下ネタバレ】
ここから先は簡単に各√のネタバレを書いておきます。

しおん√
50人斬りを達成し無事予選に出場する→萌生菜との試合で勝利を知る→椿との試合で敗北を知る→マガツミとの戦いで絆を深めるという構成。

一刀流なのに4本もオリガミを持つのは流石に笑ってしまった。
mekuiro2021020606-min
そこから更に武器を変更して強化していますし、しおんは可能性の獣だと感じます。
精神感応係数が700超える壊れ性能ですし、メンタルの弱さを克服できれば一番強い説があると感じます。
オリガミを変更するこもあってCGの差分が一番豊富なキャラでした。

シアの造った無銘だけでなく、
しおんルートの真神、
シアルートの香雪蘭、雷光輝神
と結構変更しますからね。胸の大きいイーブイって感じだ。

割と王道の構成でした。マガツミとの戦いは面白くありませんでしたが()

椿√
焦りを感じる→桜夜の登場で更に焦る→葵との試合でオリガミと心が砕ける→刀輝のオリガミ《ヒノトリ》で再起するという構成。

椿の実力は伸び悩んでいて、急激に実力を伸ばしていく桜夜に焦りを感じていました。割と読めましたが()。あおかなで言う所の桜夜は明日香だし椿はみさきに当たる感じがしてましたからね。
DlNKgZbU0AIeDc8[1]

最強の家柄で生まれてしまった為に、敗北が許されないのも辛い所です。敗北から得られるものもあるのに、それを認めない方針なのは考えものです。

本戦における桜夜との試合でも焦りを露骨に感じていました。
そして葵との試合で椿のオリガミが砕けたことで、椿は自分の居場所を失い心も砕けます。

オリガミの破片を集めて後で告白する主人公イケメンっすね。
告白のシーンで涙を流しながら内面を吐露する椿お姉ちゃんが美しい。
D-FodRBU4AA6gUj[1]

告白後本音を徐々に晒していく椿お姉ちゃんは可愛かったです。椿お姉ちゃんは美しさと可愛さを両立できる良いヒロイン。
その一方でヒノトリを握って葵との勝負を決める椿お姉ちゃんはカッコいいと思った。
mekuiro2021013002-min


それにしても葵さんは挑発するしマイクパフォーマンスが上手いしプロレス適正あるのでは?とか思った。私は網タイツ(帷子かもしれないけど)の良さを教えてくれた葵さんが嫌いじゃないです。
EeP0UyzU4AAvIwr

葵さんがシアに頼んで造ったどーたぬきあおいカスタムも刀身が太くてカッコ良いです。

フリージア√
師匠としてフリージアの手助けをしていくルート。
シアがしおんの介添人につく点は桜夜や椿ルートと同じです。

シアの指示でしおんが無理くり悪口を言っている場面でニンマリしてしまった。しおんは悪口を言い慣れていない良い子なのが分かって嬉しいよ。
mekuiro2021020604-min


萌生菜のオリガミを製作し、介添人としてサポートするという他のルートでは見られない展開があって面白く感じました。
今まで一刀流だった萌生菜にいきなり二刀流させる刀輝は鬼コーチだと思いました(笑)。

しおんと葵の試合といい、しおんと萌生菜の試合といい、勝敗や展開に関しては意外性がありました。
mekuiro2021020202-min


桜夜√
共通ルートで華天朧月天久というオリガミを作って引き続き桜夜のサポートをしていきます。
とは言え、しおんやシアの面倒も見ている状態で、そこまで桜夜に構っていられる状況でもありませんでした。こういう板挟みな状況になるのも主人公ならではです(笑)。

桜夜と上手く連携が取れなくて葵さんとの試合で苦戦しましたが、関係を改善して瞬月斬で倒しました。そのときのCGがカッコ良過ぎるな。

椿との試合では瞬月斬のカウンター技で負けかけましたが、霊刀の暴走で回避します。
mekuiro2021020210-min

恣堂伽藍、天夜桜を持っているときの桜夜もカッコよさがあります。腋と脚に目がいったのはナイショ
mekuiro2021020212-min

都子VS刀輝に関しては刀輝がドーピングしたみたいな感じがして面白くありませんでした。
それにしても桜夜は傷が多い女の子だな…。

【評価・まとめ】
刃道の試合をしている箇所や試合の準備をしている描写は良かった。
主人公はオリガミの製作・介添人としてのヒロインのサポートと主人公とヒロインの距離感にバランスが取れていたと感じます。

話の構成が王道でしっかりしているからだと感じます。その分意外性はあまり感じませんでしたが、それでも面白く感じました。

反面、化妖や霊刀といった伝奇要素に関してはあまり面白みを感じませんでした。
剣士でもない刀輝が霊刀を持ってパワーアップするのはドーピングしている感じがして面白くありませんでした。
しおんVSマガツミに関してもマガツミの力押し描写が目立ち、介添人による駆け引きが無くてイマイチでした。

椿お姉ちゃんが可愛かったので続いて椿恋歌をやっていく予定です。卯衣の声は強い。

なお、ゆれあかでは刃道の試合がメインなのでそっちは期待したいです。

それではまた。