こんにちは、シキロウです。今回は、恋×シンアイ彼女(通称恋カケ)の感想を書いていきます。
今回はネタバレしていないのでお気軽に読んで下さい。
Ef2cQ1vVoAAbAE1

【作品概要】
國見洸太郎は、御影ヶ丘学園に通う2年生。文芸部で小説家になることを夢見ながら、活動をしていた。彼にはどうしても書けないお話がある。

「恋愛小説」

それは彼が幼い頃に経験した、がっかりな初恋のエピソードのせいらしいのだけど……。

新しい春。
『桜代学園』、『西学園』、そして洸太郎が通う『御影ヶ丘学園』
3つの学園が統合され、新たな出会いが生まれる。

幼い頃に出会い恋をして離ればなれになっていた、姫野星奏。数年前まで親友だったが、あることをきっかけに口をきかなくなった、新堂彩音。そして恋愛小説が書けない國見洸太郎。

そんな3人は、なにかの偶然か、教室でも3人隣り合わせて急接近することに。何も変わらない日常に、恋愛小説のようなお話が舞い込んでくる。

メーカー:Us:track
ライター:新島夕、条智涼介、真崎ジーノ、茶渡エイジ
原画:きみしま青(星奏)、しらたま(ゆい)、倉澤もこ(彩音、凛香)、ぺろ(サブ)あまからするめ(SD原画)

【全体の印象】
まあまあ楽しめました。パロディの部分は寒いですが彩音との会話は心地よかったです。

Hシーンは他のゲームと比較して非常に短めです。その関係かCGも少なめです。もっとねっとりやっても良かったのに。
何故か妹が攻略できませんでした。CV秋野花で攻略できないのはキツイ…悲しいなぁ…。
koikake2021022103-min


4人のルートを攻略すると、星奏アフターに当たる終章が解放されます。終章にだけ主人公ボイスが付きます。くたびれたおっさんみたいな声で誰得な感じでしたが()。

彩音→凛香→ゆい→星奏→終章の順に攻略しました。攻略順は凛香orゆい→ゆいor凛香→彩音→星奏→終章が最適解です。

【キャラ紹介】
姫野星奏(CV:阿部朔)
koikake2021030603-min
小学生時代の頃の幼馴染で初恋の相手だった女の子

のほほんとした雰囲気で見守りたくなる。表情が豊かで特に笑顔が柔らかくて良い。成長前と成長後の姿が両方見られるのは良い。
シナリオに関しては反応に困る部分が割とありました。

新堂彩音(CV:遥そら)
Dp2m43qV4AACe_W[1]
進学前の仲の良かったツンデレぴゅあガール
素直さと面倒くささを併せ持つ性格がかわよい。遥そらの声も良い。

告白シーンとその返答シーンはレベルが高くて好みでした。甘酸っぱさや不器用さを感じられて良かった。

一途な子は良いですね。因みに進学前の姿は今のようなサイドテールではなくストレートです。
こっちはこっちで可愛いな。
koikake2021030710-min


四條凛香(CV:日傘世玲那)
DRwyeO_UEAANVvq

凛香は上級生の生徒会長で、後輩いじりが趣味の女の子
小悪魔的な可愛さを持っているだけでなく頭が良く回って困った時に頼りになる
車の人の声もかわよい
もっと足〇キされたかったな

小鞠ゆい(CV:遠野そよぎ)
koikake2021022803-min
栽培クラブの部長で妹の友達
花壇の世話を頑張る姿が微笑ましくて癒される。寝顔もとっても可愛い。

シナリオは終盤が面白かったです。
着ぐるみのCGや立ち絵が欲しかった…。

ゆいの姉である愛美さんも攻略したかった。CVかわしまりので攻略できないのは拷問だよ。
koikake2021022101-min


【評価・まとめ】
新堂彩音ちゃんで優勝した。私は彩音ちゃんだけがいれば良い。

星奏√と終章に関してはじっくり?読み解いていけばある程度行動の理由が分かるんですけどね。
そのことに関しては別記事には書く予定です。

星奏にだけ言及されがちですが、凛香ルートも内容が大して面白くなくてキツかったですし映研部長もキツかったです。

正直積極的にオススメできるものではありませんでした。しばらく新島夕はいいや…。

それではまた。