こんにちは、シキロウです。今回は備忘録としてキン肉マン362話巨像の涙!!の巻の感想を書いていきます。
ネタバレしているのでご注意下さい。
ジェロニモと進化の神ジ・エクスキューショナーとの試合はジェロニモがアパッチの雄叫びでエクスキューショナーの体を崩した後、ニューマシンガンズ・カウベルスタンビードで倒しました。

試合結果はジェロニモの勝利という予定調和で終わりましたが、大味な展開でエクスキューショナーの強さがイマイチ発揮できなかったように見えます。体格差による絶望感が全然足りてないように感じます。

ジェロニモに関してはアパッチだけでなく新技を出してくれたのは良かったと感じます。エクスキューショナーが握り潰されそうになったときも庇う行動をして慈悲の心を示していくのも良いです。

進化の神という名前通り、正体はジェロニモを超人にした神でした。一緒に下天したのに人間を超人した神を知らないバイコーンさん……。エクスキューショナーが下天した理由は、超人達の強さを審判するためでした。

そもそも神は自分たちを超える存在を創造するために超人を生み出したとのことです。衝撃的過ぎる……。キン肉マン世界にどの程度超人がいるのかは知りませんが、超人生み出し過ぎでしょ感が割とあります。

それではまた。