こんにちは、シキロウです。今回はQruppoヘンタイ・プリズン(通称ヘンプリ)体験版SPLIT1+2の感想を書いていきます。今回は体験版1の続きから書いていくので1をやってから読むのを推奨します。
hen2021111305-min

【作品概要】
体験版1では、柊一郎がゲーム制作をするところで終わりました。今回の1+2では1の部分を飛ばしてゲーム制作の話から進めることができます。

また、演出面やバックログ機能をバージョンアップしてテキストでは表示されなかったボイスがバックログでは見られるようになっています。割と嬉しいです。
hen2021111303-min

そして上履きの妖精に立ち絵が追加されています。ショートヘアーなのは予想外でした。
FEAAST5aIAAcGn3

【内容】
当初、柊一郎はドラクエみたいなゲームを作る予定でしたが、普通に無理なのでノベルゲームを制作することに。勿論エロゲです。ノアはノベルゲーディスってて笑います。
hen2021111301-min

ノアはスクリプト、妙花は絵、千咲都はシナリオを担当することになりますが、ノアはUIに、妙花はデジタルの絵描きに苦戦します。二人共ストレスが溜まると蹴るタイプでとても不穏です。台パンより不穏過ぎるよ。

年齢はノア>妙花>柊一郎の筈ですが年齢に関係なく皆やべー奴でした。

制作にあたってのソフトや専門用語が色々出ていましたが、素人の私には分かりませんでした()

企画は柊一郎が行う訳ですが、どこかで見たような設定だったり大枠が魅力に欠ける内容だったりでダメダメです。千咲都を誘い続けた結果、柊一郎の書いた企画を修正して魅力的なものにします。

声を当てる際にはノアの提案でソフりんになりました。そしてもソフりんも承諾します。えっちな台詞言ってるけど大丈夫なのか……。

そんな中、エロデューサーがリーダーの座を奪って制作から柊一郎と千咲都を外します。柊一郎は勿論、エロデューサーにシナリオが暗いと文句を付けられた千咲都はエロデューサーを追い出す計画を立てることに。

とは言え、エロデューサー(秋元明夫)は重大犯罪房の囚人で政治家や芸能人に支援者がいます。そして趣味は自分のアナ〇を女の子に開発させることです。未成年に手を付けたことでチューリップ・プリズンに行きになりました。

外での社会的地位や資産を用いて看守を買収し、柊一郎を追い詰めます。子供相手に大人げない……。

ソフりんが完全に柊一郎に肩入れしている辺りもうソフりん攻略させてくれと思いました。私服姿になっている時でも味方してくれているし頼もしいね。
hen2021111304-min

FEAAST3agAAbjY5
千咲都が描いた審問会で勝利するシナリオとは、
①エネマグラでエロデューサーのアナ〇を拡張し、下剤を食事に含ませることでトイレ行きの状態にする
②審問会で3分しか退席は許されないため3分以上離席させることで自動的にエロデューサーの負けにする
という方法でした。無理矢理エロデューサーが不正行為をした証拠を探すのかと思いきや不戦勝という方向で勝ちを狙いに行きました。

勝利を確信して油断しきっている時に下剤を入れることで勝率を上げにいくとは中々の策士っぷりです。

エロデューサーとの審問に勝利してエロデューサーは懲罰房行きに。そしてゲーム制作を進めて提出するレベルの部分まで完成!

と思ったら案の定内容面でダメと判断されてしまいました。しかもモザイク無しで提出したのかよ……。水城刑務所長の判断によってデータは削除、柊一郎の優良受刑者も剝奪となりました。

反抗的な態度を取ったために柊一郎は約2週間懲罰房行きになります。懲罰房では昼夜暗闇で起きているときは正座と残飯を食べるだけの生活になります。

それでもゲーム制作を諦めない辺り、柊一郎はゲーム制作に入れ込んでいることが伝わりました。

そしてOP


OPが終わると選択肢が出現します。流石に唐突。
製品版では懲罰房内でのイベントがあり、懲罰房での選択肢で各ヒロインに分岐すると思われます。

千咲都√
めげずに千咲都と共にシナリオを書くルートとなりそうです。優良受刑者でなくなったため、紙でシナリオを書くことになりました。

他の囚人が甘いものを持ち出した時の山岸看守の台詞が正論を大声で勢い良く言っていて笑ってしまいます。
hen2021111306-min

この√でのルートボスは夕顔看守長になりそうです。

妙花√
妙花自身について触れるルートとなりそうです。花丸凛が他のキャラの記憶から消えていることや妙花には全裸マンといった異名がないことが気になりました。

学校を中退したのも性癖が理由ではなく、組の問題が原因でしょう。

この√でのルートボスは消去法でシスタージュリアになりそうです。どんな内容になるのか全く読めないです。

ノア√
獄中でゲーム制作で行っても看守に潰される可能性が高いため、脱獄を計画します。計画している最中で、柊一郎はノアの姉がソフりんであることに気づきます。

ノアに鎌をかけたら殺されそうになりますが、利害関係の一致で一命を取り留めます。そしてノアは自分の計画がソフりんと共に脱獄をすることを明かします。

この刑務所、中核メンバーが男にトラウマのある女性が看守となっているみたいですしちょっと普通じゃないですよね。ストレスが溜まる職場であることは確実ですしそう簡単に退職できない仕組みになっているのでしょう。

この√でのルートボスはソフりんでほぼ確定でしょう。姉妹の話や看守のシステムが中心になりそうです。

1月の発売が楽しみになってきました。
それではまた。